ENEOS ハイオクガソリン

ENEOSハイオクガソリンは、合成清浄剤を配合、エンジンをクリーンに保ちパワフルに

ENEOSハイオクガソリン

ENEOS ハイオクガソリンは、「※サルファーフリー」と「キープクリーン性能」を実現した環境対応ハイオクガソリンです。 「ENEOS ハイオクガソリン」は、清浄剤を配合し、エンジンをクリーンに保ちます。連続給油することにより、レギュラーガソリンに比べて吸気弁の汚れ付着を大幅に低減します。これにより加速性の悪化を防ぐとともに、排出ガスの発生を抑えられ、環境保全にも貢献します。

※サルファーフリーとは燃料中の硫黄分が10ppm(10万分の1)以下のことを「サルファーフリー」と呼んでいます。将来、CO2を含めたさらなる車両排出ガスの低減(ゼロエミッション化)のためには、車両の新技術の早期導入とともに、燃料のサルファーフリー化が必要かつ最重要の条件とされています。

ENEOSハイオクガソリンの特徴

エンジンをクリーンに キープクリーン

エネオスハイオクガソリンは、合成清浄剤を添加しており、カーボンの汚れなどがエンジン吸気系に付着しづらくなります。また合成清浄剤は、連続給油することにより、その効果が持続されます。その効果をキープクリーン効果と呼んでいます。

グンと伸びのある加速に

吸気バルブにカーボンの汚れが堆積すると、混合気の流れが妨げられて加速性能が悪化します。エネオスハイオクガソリンは、そうしたエンジン内の汚れ付着を低減し、本来のパワーに近づけます。

環境保全に貢献

エンジン内の汚れは空気とガソリンの燃焼状態を乱します。エネオスハイオクガソリンでエンジンをきれいに保てば、有害な排出ガスの発生を抑えられ、環境保全にも貢献します。

ハイオクトップレベルの走り

ハイオクガソリンのJIS規格はオクタン価96以上ですが、エネオスハイオクガソリンは国内最高水準のオクタン価。よりエンジンにやさしいガソリンを使うことで、運転性の向上などの効果が期待できます。

ENEOSハイオクガソリンのキープクリーン効果について

ENEOSハイオクガソリンのエンジンキープクリーン性能とは、吸気弁をはじめとするエンジン吸気系の汚れ付着を低減する効果です。吸気弁に汚れが堆積した場合、ガソリンの一部が吸着し、燃焼が悪化します。この汚れを付着しづらくすることにより本来のエンジン性能を発揮し続けることができます。ENEOS社の吸気弁キープクリーン試験の結果、レギュラーガソリンに比べて汚れ付着を大幅に低減しました。

エンジンキープクリーン性能とは

ENEOS ハイオクガソリンの吸気弁汚れ低減効果

ENEOS社の吸気弁キープクリーン試験

100時間(約5000km走行相当)の運転を行った時のエンジンの吸気弁の汚れ付着量を評価


ENEOSハイオクガソリン 性状表

ダウンロード
性状表 ENEOS ハイオクガソリン
ENEOS ハイオクガソリン 代表性状.pdf
PDFファイル 249.5 KB

EneOSハイオクガソリン SDS (安全データシート)

ダウンロード
エネオスハイオクガソリン SDS
エネオスハイオクガソリン SDS JXTGE.pdf
PDFファイル 530.4 KB