API SP / ILSAC GF-6 エンジンオイル規格

API SN/ILSAC GF-5 に求められる性能をベースに、昨今主流となってきている ダウンサイジングターボ(直噴、T/GDI)エンジン搭載車に

求められる性能をクリアしたエンジンオイル規格

ダウンサイジングターボ(T/GDI,直噴)エンジンに求められる性能

①LSPI  (Low Speed Pre-Ignition ,低速走行時の早期着火)

  GF-6 項目 Sequence Ⅸ:Number of LSPI Events

 

低回転で高負荷がかかるダウンサイジングターボ(直噴、T/GDI)エンジンで問題となっている現象。

上記エンジンで低速回転の時に生じる、異常な燃焼によるエンジントラブル。

異常な燃焼とは 燃焼室内に火が付き引き爆発してしまうこと。

ピストンが上死点に達する前に着火すると、ピストン内の圧力が大きく上昇してしまい、

最悪、エンジンが壊れてしまう恐れがあります。

 

LSPIの発生原因は諸説ありますが、ピストンリングによってかき上げられた

エンジンオイルの油滴によるものや、Calcium系の添加剤が着火促進効果を促し、

異常燃焼を起こすのではないかと考えられています。

ダウンサイジングターボエンジンでは、LSPIへの対応は急務となっています。

 

LSPI(Low Speed, Pre-Ignition)について参考動画 

Lubrizol Additives 360

 

 

 

②タイミングチェーン磨耗

  GF-6 項目 Sequence Ⅹ:Chein Wear

 

オイル中のスス等が原因となり、タイミングチェーンを磨耗させ、伸びた状態にしてしまうトラブル。

結果、バルブタイミングが狂って空燃比の異常によりピストンがダメージを起こす可能性もあります。

 

タイミングチェーン磨耗(The Chain Wear Test)についての参考動画

Lubrizol Additives 360

 

 

Lubrizolでは、上記LSPI 対応、チェーン摩耗トラブルを解決可能な

API SP ILSAC GF-6 エンジンオイルの添加剤をラインナップし、販売しております。

 

API SP GF-6の施行は2020年5月1日で決定いたしました。

ダウンサイジングターボ対応エンジンオイルが必要とされている今、

御社製品のグレードアップはいかがでしょうか。

 

お気軽に弊社までお問い合わせください。

株式会社スタンダード石油大阪発売所 産業販売部

TEL:06-6443-1274

Mail: sanhan@ssoh.co.jp

 

Lubrizol添加剤 販売担当

藤本 裕介、津田 和哉

Lubrizol添加剤 技術担当

丸山 英二、松井 明

車両用DIパッケージ添加剤

潤滑油添加剤用語解説